FC2ブログ

舞踊

舞踊を通じて身体が表現する精神の世界を語りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心より心に伝ふる花

今日この頃の琉球舞踊の舞台の傾向、あるいは舞台だけでなく、それを牽引しているリーダー達の動向を見るに付け、世阿弥の『芸術論』に思いを馳せざるをえない。
世阿弥は「奥儀伝」に次のように書いている。
  この道のともがらを見るに、芸のたしなみはおろそかにて、非道のみ行じ、たまたま当芸に至るときも、ただ一夕の戯笑・一旦の名利に染みて、源を忘れて流れを失うこと、道すでにすたる時節かと、これを嘆くのみなり。しかれば道をたしなみ、芸を重んずるところ、私なくは、などかその徳を得ざらん。
  ことさらこの芸、その風を継ぐといへども、自力より出ずるふるまいあれば、語にも及びがたし。その風を得て、心より心に伝ふ花なれば・・・
大意は、次のように考える。
いまどきの能役者たちをみると、芸のたしなみは疎かにして、「本道以外のわざ」のみ
に走り、たまたま能楽に携わる時も、ただ一時の無意味な笑い、あるいは一時のはかないたわぶれ、あるいは一時の名声や利得にかかずらって、能の起源やその伝統を忘れているので、能はすでに廃る時節かと嘆いている。真実の心がけはその逆で、深くこの道に励み、芸を大切に守る心で先人の教えに従い、私心なく修行すれば、必ずや芸道の名利を得るであろう。
特に能の場合、芸の伝承が根本ではあるが、自分で工夫し、体得する「わざ」もあるので、言葉では説明しきれない。芸は、師から芸の伝承を受け、それを基にして自分で会得した花を以心伝心で伝える「花」であるから・・・(カギカッコは私。大意は『世阿弥芸術論集』に拠る)。

世阿弥の嘆きは、まったく今時の伝統芸能に携わる者(当然私も含めてだが)に向けての嘆き、叱責ではないか。
スポンサーサイト

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/03(月) 08:52:25|
  2. 舞踊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | ちょっとブレイク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syudun.blog.fc2.com/tb.php/5-f248b1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。