FC2ブログ

舞踊

舞踊を通じて身体が表現する精神の世界を語りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盛重型で分ける意味 
 先日琉球舞踊保存会が主催する伝承者研修成果発表会に参加した。そこでは、先達の芸を検証する目的で明治以降に活躍した主だった舞踊家を頂点とした型伝承の系譜が示され、それに基づいて、型の系列が分類されていた。
そこで行われた系列分類の一つ盛重型の分類の仕方に疑問がある。

玉城盛重から伝承された盛重型という分類は根拠が薄い 
 玉城盛重から伝承された盛重型という分類は根拠が薄いものと私は捉えている。
 これは国場盛保師(故人・盛重の弟子)から聞いた話だが、昭和11年の日本青年会館に於ける御冠船舞踊の公演の際、依頼を受けた盛重は衣装その他諸事情で自分の弟子だけでは公演メンバーの組織の対応が出来なかった。そこで芝居で活躍していた役者達に声を掛け、以後盛重の弟子として稽古を続けるという約束を交わし、出演メンバーが決まったという。国場師の話に拠れば、公演後は現在のような頻度で盛重のもとで稽古が行われることはなかったということだった。それは、役者というプロの活動がある中ではやむを得ぬことで、理解もできる。
 したがって、盛重型の分類で踊った7団体の踊り方を「一人の人からの型がこれほどまで違う」という見解で論を進めるのには無理があると思った。現在のような稽古システムで盛重という一人の師匠から伝承された型ではないのだから・・・。
そして7名の保持者の方々のお話も、当然のことだが盛重からの伝承ではなく、それぞれの直接の師匠(盛重の弟子とされている人達)からの伝承について話されていた。
現在の保持者の直接の師匠で分類した方がよいと思った。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/27(月) 08:39:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「私が流派の型を踊っている」という舞踊家を見かける。
本当にそうだと言いきれるだろうか。考えて見た。

1)ABCという3つの動きで出来ている一つの型がある。型①としよう。
2)(その流派の人たちが)動きAを動きDに変えた。型②
3)(その流派の人たちが)動きBを動きEに変えた。型③
4)(その流派の人たちが)動きCを動きFに変えた。型④
5)(別の流派の人達が)捨てられた動きABCを集めて、一つの型を作った。型⑤

 型①と型④は同じ型といえるだろうか。また型①と⑤についてはどうだろう。型①と型④は現前する現象としてはおそらく似て非なるものになろう。そして論理的には型①と⑤が似ているものになるだろうと想像される。
 しかし、舞踊は身体の動きが空間に作り出す現象である。とすると、他の流派の動きを持つ人達が、動きA、B、Cを完璧にできるとはいい難い。とすれば、動きA、B、Cを変えたとはいえ、その流派の動きを持っている人が踊る型④がその流派の型ということになる…のだろうか。アー、分からなくなってきた。頭がおかしくなってきた。
  1. 2013/02/03(日) 11:02:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。